HOME>注目記事>リフォームという施工の仕組みをしっかり確認
工具

提供する技術やサービス

大型リフォームを行うにあたり、施工会社の仕組みを理解しましょう。リフォームといえば、新築より一見して手軽そうですが、戸建ての場合は技術的に難しいケースもありますから、相応しい会社も絞られてきます。既存不適格なら、増築不可にもなりかねません。増築はもちろん、躯体に手をつける間取り変更なども許されないことにならないよう、建築確認を担ってくれたり、確認を必要としない範囲でリフォームすることもあります。間仕切りの変更構造補強などを含むなら工務店が適していますし、部分的な改修ならば、リフォーム会社が適しています。立地や建物構造の条件が難しい、デザインに対するこだわりがあるなら設計事務所が長けています。工事内容の仕組みで選ぶ会社が決まりますし、サービス内容もそれに合わせて受けられるわけです。

3タイプから選択

手に入れた住宅(建物)の大型リフォームをしたいなら、設計や施工を誰に頼めばいいのかということになります。大型リフォームを手がけるプロは、大きく3タイプに分類できます。設計事務所や工務店、さらにリフォーム会社で、設計事務所に依頼する場合は設計だけであるのが特徴で、施工は工務店との契約になりがちです。工務店やリフォーム会社は、設計から工事まで一括で担当するのが一般的ですから、大型というくくりであれば、一括での選び方がいいでしょう。

判断基準を知ろう

選び方での判断基準となるのは、会社が提供する技術やサービスの内容であったり、大型リフォームですからスケジュールです。スケジュール確認が重要になるのは、計画や工事日程が、ローンの開始時期など、資金計画を大きく左右するからです。工事が始まってからの確認や手戻りを減らすため、詳細な部分まで建て主の承認を得てから着工してくれる会社選びが一つの基準です。ですから、判断基準として担当者とのコミュニケーションも加わります。空間をガラッと変える大型リフォームの場合は特に、建て主のイメージを共有しなければならず、基準は、話しやすく感性の合う担当者でしょう。

広告募集中